映画『21ブリッジ』『騙し絵の牙』『隔たる世界の2人』

スガラムルディを作ってるときは、なんか後ろめたくて映画を観ることが出来なくなる。
入稿して開放された今、反動でこれまでのストレスを解消するかのように映画を観ている。

映画『21ブリッジ』
オレは映画を観る上で“お話”や“キャラクター”を重視する傾向にある。しかし、今作の“お話”や“キャラクター”はありふれたもの。よくあるストーリー、よくあるマクガフィン、よくあるキャラクター。
でも、オレがそれら以上に重視する点もある。それは“キラリと光る何か”だ。今作はそれがあった。

いい塩梅のクライムアクション。特に銃撃戦のシーンが最高だった。序盤の突入シーンからの逃走劇で、ガッツリ心が掴まれた。
2人いる犯人でも、個々でアクションの作法が異なるらしい。そんなアクション作法なんか詳しくないオレでも、この二人は同じ犯人だけど、なんか動きが違うな…と思えた。詳しくないオレでも一見して分かるなんてすごい。
こういうキラリと光る何かを持つ映画を映画館で見るのが、とても好きだ。得した気分になる。得した気分ついでに、こういうクライムアクションを掘っていきたい所存だ。


映画『騙し絵の牙』
何度予告編を観せられたことか。正直うざかった。吉田大八監督じゃなかったら絶対観てなかった。
しかし、映画は観てよかった。さすが吉田大八監督、変な映画も撮るけど、観て損した気分にはなったことない。
とてもテンポの良い話運び、キャストも豪華で演技も上手い。そりゃ見入ってしまう。どんどん時間が過ぎていく。眠たくなる暇さえ与えない。
「騙し合いバトル!」とか宣伝され、騙し騙されの話だけど、そんなの重要じゃない。ただただ映画に身を任せて愉しめばいい。


映画『隔たる世界の2人』
Netflixオリジナルの短編映画。町山さんが紹介してたので観てみた。
昨日はBLM運動の発端となったジョージ・フロイドさん殺害事件の判決があった。殺害した元警官デレク・ショービンは無罪を主張したが、被告の訴えを退け有罪が確定した。そんな日に観る映画としては抜群だった。
イムループモノ。黒人青年が目覚めて家を出て、白人警官にイチャモンをつけられ、殺され、同じ朝に戻る…を何度も何度も繰り返す。
家から出なくても、人当たりよく接しても、対話を試みても、何度も何度も殺される。
主人公は何度も殺されるが、助かるために何度も何度も試みる。決して諦めない。決められたレールを変えるために。
これはフィクションじゃない。現実世界でも同じだ。

オレは、アメリカに住んでいる黒人にはなれない。絶対に。
でも、この30分ちょっとの時間で、そのアメリカに住んでいる黒人の方々が感じている息苦しさ・怖さを経験することができた気がする。

映画『あのこは貴族』

思ってた映画と、ちょっと違った。
正直、オレのわからない世界だと思ってしまった。

様々な格差がある。今作は、その格差の中でも身分格差を描いていた。
「貴族」と言っても、一筋縄にゃいかない。

主人公・華子は開業医の二代目。東京育ちのボンボン。めちゃくちゃ金持ちだけど、思ったより家は庶民的。台所でジャムを頬張る姿が物語る。
主人公の結婚相手になる弁護士・幸一郎は、由緒正しき家の生まれで、実家は貿易を営んでいる。親は政治家、彼も結婚相手も政治家になるんだろう。実家はお屋敷、半端なくデカイ。みるからに華子より金持ちだ。
そして地方出身者の美紀。東京に憧れて、必死に勉強して東京の大学に入学するも途中退学してしまう。

この三層の人々で物語が進んでいく。
淡々と続く話は、起伏がなく、ある意味リアルだった。
劇的な変化がなく、続いていく日常。
壁を壊して、爽快な話にすることもできただろう。
でも、そうしなかったのはある意味、大人だと思った。


オレは「東京」を知らない。「東京」を知った状態で、映画『あのこは貴族』を観たらどう感じただろうか。
いや。本当の貴族を観たことがあったら、本当の格差をまざまざと見せつけられたら、本当の格差を実感したらどう思っただろうか。

オレは札幌で生まれて、大学は室蘭に行った。東京は遊びに行くくらい。
中高の友人で、東京の大学に行ったやつは結構いる。
オレは「東京に行きたかったか?」と聞かれると、今は「行きたかった」と答えるだろう。正直、後悔している。
でも、あのころのオレに聞くと「行きたくない」と答えただろう。あのころのオレは今振り返ると色々なものに縛られていた。

母の姉にあたる叔母は、東京の方と結婚して、東京に引っ越した。東京に行き、様々なものを見てきた人だ。
子供の頃からの夢は「富士山が見える家に住むこと」で、今はめちゃくちゃ晴れた日にかろうじて遠くに映る富士山が見える家に住んでいる。夢は叶ったかなと、はにかみながら話してくれた。

オレが高校を卒業して、大学に行かずに浪人生と称してブラブラすることが決まったとき。
叔母さんが「1年間、こっち(東京)に来て、勉強してみないかい?」と声をかけてくれた。
母親は、その叔母とオレが仲良くしているのを快く思ってなかった。(まあ母と叔母は昔から仲良くなかったんだけど)
あの一言はとても嬉しかった。行きたいなと思った。しかし、母親が嫌な顔をし、父親も病気してる中で、実家を離れて叔母の元で勉強ずくめの日々を送る勇気はなかった。
あのとき、叔母さんはオレに東京を見せたかったんだ。
あのとき、東京を見てたら何かが変わっただろうか。

母親は、実の姉との格差を感じてたんだと思う。
そして、あっちに行こうとしたオレを引き止めたかったんだ。
叔母は、東京で様々な格差を感じてたんだと思う。
そして、こっちにオレを来させたかったんだ。

そう考えると、叔母も相当な苦労しているはずだ。
田舎の自転車屋の娘が、東京に出て一流企業の役員の奥さんだ。
相当な苦労だと思う。

映画を一本観て、ひさびさに叔母さんと話したいなと思った。

最近観た映画『JUNK HEAD』『ザ・スイッチ』『まともじゃないのは君も一緒』『パーム・スプリングス』

インターネットネイティブ世代。
中学生くらいからブログやらmixiやらTwitterやらがあって、文章を書くという行為は当たり前になっている気がする。
書くならもっと目立つところで…と試行錯誤してたから、今の状況になっているのではないだろうか。

映画『JUNK HEAD』
仕事終わりにサツゲキへ。仕事で疲れていたのか、けっこう寝てしまった。
こういう世界観に入らなきゃ楽しめない映画は、入るまでが大変だ。ちんぷんかんぷんな事柄を飲み込まなきゃならなくて、はてなマークが浮かんでいるうちに受け入れることを拒否してしまい、眠りの世界にレッツラゴー。

映画『ザ・スイッチ』
ブラムハウスだし、ハッピーデスデイの監督だし、入れ替わりホラーだし、しかも延期で楽しみをお預けされてた状況だったので、めちゃくちゃ楽しみにしてた。
思った以上に面白くなかったけど、楽しかった。特にビンス・ボーンの女子高生演技が最高。かわいい。あれだけをずっと観てたい。
最近映画『インターンシップ』を少し観たんだけど、そこでもビンス・ボーンが大活躍してた。他の作品も観てみたいな。

映画『パーム・スプリングス』
イムループ×ラブコメ…となれば、オレの大好きな映画『アバウト・タイム』が思い浮かぶ。その続編とも言えるような、素晴らしい映画だった。お話がとても面白かった。
映画『アバウト・タイム』のヒロインの友達と、クリソツな映画『パーム・スプリングス』のヒロイン。同じ俳優だと思ってたが、調べたら別の人だった。
映画はタイムループに成長要素を加えたのが好みだった。映画『アバウト・タイム』でもビル・ナイが、好きな本を読みまくったつってたけど、それを利用して勉強しまくる。その手があったか!と妙な納得があった。
愛くるしい二人の日々と、人間としての成長が描かれる。オレの好きな要素がいっぱい。
あのあとの二人はどうなったのか。気になる。

映画『まともじゃないのは君も一緒』
ADHDっぽい予備校講師に、ちょっとませた女子高生。普通を探しに街へ繰り出す。先生と生徒という関係を考えると、ヤヤヤ?と思うことはあったが面白かった。
清原果耶さんの顔がよかった。あのちょっとませた感じといい、人をちょっと下に見ててムカつく感じもいい。そして、終盤でちょっと出てくる「受験に失敗して…」ってくだりで、ちょっと腑に落ちるキャラクター。君島さんというちょい役で終わりそうなキャラが後々生きてくるのもいい。脚本がとてもよかった。特に小泉孝太郎の信用ならねぇヤツ感がめちゃくちゃハマってた。最高。女子高生チェックのくだりは、爆笑してしまった。
お金もかかってなさそうだし、登場人物も数名、でもこんなにおもしろいなんて凄い。やっぱキャラクターがたってて、演技もうまくて、脚本もいいと、こんなに面白くなるのか。

朝日のあたる道 –AS TIME GOES BY–

おはようございます。
そろそろスガラの原稿を書かなくちゃいけないから、文書を書くの慣らすためにもブログを書いている次第です。

毎朝決められたルーティンに乗っかって、早く一日がやり過ごせないかと思っている。
そんなコースを日々繰り返してて、いつも目に付く人がいる。

 

まず一人目が乃木坂ちゃん。毎朝通る丁字路で信号待ちをしている学生さん。
乃木坂46については詳しくないけど、メンバーとしてやっていけそうなほど目鼻が整ってる綺麗な方だ。
キリッとしてる目つきなんだけど、すんごいボンヤリしてて、ボーッと虚空を見つめている顔が印象的。
たぶん高校生。数年前から見かけてるので、そろそろ今年でお別れかな…と思いきや受験シーズンを乗り越えても、まだいる。
あと一年くらいは私の趣味に付き合ってくれそう。

 

次は、お豆くん。バス停ロードの途中をテクテク歩いてる学生さん。
小柄で童顔な彼は、自分の体重より重いんじゃないか思うほど大きなリュックを背負ってる。
ひっくり返らないためなのか、なぜか凄い前傾姿勢で、将来は100%猫背だなと猫背で運転している私は彼を横目で眺めている。
パッとみは中学生くらいなんだけど、実のところは高校生っぽい。彼ももう少し付き合ってくれそう。

 

最後はゆるふわちゃん。ぽつねんと、バスを待っているOLさん。
めちゃくちゃ早くバス停で待ってて、まだ誰もいないのに彼女だけは立っている。
(そんな早くにバス停に来るなら、待ってる時間使って一個前のバス停まで歩いた方が効率いいと思うんだけどな)
明るめの髪色で、巻き髪ロング、いつもスカートとパステルカラーの衣服を身にまとってる。
冬場は真っ白なコートを着てて、汚れが気になったりしないのかなと黒い服しか着ない黒子が心配している。
数年前から見つけて、チェックしてるけど、いつかはすれ違えなくなる日がくるのかな。

 

過去には和製ミシェル・ロドリゲスや、ユキちゃんなど。
すれ違う人に、勝手にあだ名を付けては、ウォッチしている。
なんとも趣味が悪い。

今日も一日仕事がんばるか~。

映画『魔女がいっぱい』

ロバート・ゼメキス監督の1985年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がリバイバル上映してる中で、ひっそりと監督最新作が公開された。BTTFは面白いのわかるんだけど、テレビ放送して、こんなに盛り上がるもんかね。つーか、つい最近午前十時でリバイバル上映してたじゃんかよ。天邪鬼なワタクシは周りが盛り上がれば盛り上がるほど盛り下がって、あえての新作を観たりするんですね。まあ、前述したのは嘘で。ふつうにホラー映画っぽいから観ただけです。あ、BTTFに関する所感はホント。

映画は、子供向けのファンタジー映画でした。おどろおどろしい魔女を期待したら、口が裂けてるくらいだった。つーか、タイトルは「魔女がいっぱい」というか、「ネズミがいっぱい」のほうが合ってる気がしました。今作、イマイチかなぁと思ったらビックリしたのがラスト。まさかの展開。おばあちゃんが序盤からコンコンと辛そうな咳してるから、いつ死ぬか楽しみにしてたんだけど、私の期待は回収されず。逆にピンピンになって、世界中を旅行しちゃう。

ラストの展開はどう考えてもバッドエンドなんだけど、突き抜けてハッピーエンドにしてて、顎が外れました。これでいいのか!お前ら!!?

映画『薬の神じゃない!』

ユナイテッド・シネマ札幌で鑑賞。2014年の中国で実際にあったニセ薬販売事件についての中国映画。2018年製作。観る前は韓国映画だと思ってたんで、始まって中国語ばかりでビックリ。あんま中国映画って観てない気がする。

話の展開がうまい。前半と後半で、話のトーンがガラッと変わる。前半は犯罪モノとして面白い。後半は、自分の行っていたことの社会的意義について再確認し、社会貢献として法を犯すようになっていく。
序盤のメンバー集めのくだりはめっちゃアガって、特に不良少年がメンバーに加わるくだりが好き。薬販売会の乱闘シーンが超面白かった。メンバーの中でも一番真面目そうな牧師が我先に動いてるのがウケる。連行シーンもキリストか!…って持ち上げられ方で、そこもクスッときた。
前述したように後半は、ガラッと雰囲気が変わって、カラッとした笑いはなくなる。しかしウェットすぎず面白かった。特に不良少年との関係性が好き。前半は主人公から逃げていた少年が、後半は主人公のために…とか、めちゃグッときた。

最後に、国内で起こった不義理な事件について描いてて、すごいなと思った。中国という国柄もあって、抑圧的な雰囲気なんだろうなと思ってたが、過去の過ちを数年間で精算して娯楽作品にまで仕上げてしまう感じが、懐広いなぁと思った。韓国ならガンガンそういう方向の作品多いけど。中国でもやっちゃうなんて。

映画『魔女見習いをさがして』

元々のおジャ魔女どれみはリアタイ世代。観てたし強い印象が残ってるけど、再見してないので、詳細は覚えていない。

おジャ魔女どれみの続編ではなく、詳細を知らなくても楽しめる作品。話の進め方が上手く、流れも面白い。おジャ魔女どれみを題材にした、メタな視点でありながらも、ガールズフットものとしても面白かった。映画『赤×ピンク』にも通ずるものを感じた。ああいう同性感に憧れる。混ざりたいと思ってしまった。三人の世代が微妙にズレてて、そこもよく働いていた。SNSのくだりは無理矢理感がぬぐえず、それこそSNSで炎上してるKダブがPRや声優で参加してて、自画自賛にしか思えずシラけた。